大学・地域連携ポータルサイト GAKUMACHI STATION(がくまちステーション)

活動事例

Search
学まちコラボ
2018年度

事業名京北さとまちフェスティバル

大学名
京都産業大学・龍谷大学
テーマ
文化
実施団体
さとまちフェスティバル実行委員会

●実施団体の紹介

〈さとまちフェスティバル実行委員会〉
京北地域で夏祭りなどのイベントの企画・運営を行う、地元出身の大学生や社会人を中心とした団体である。地元の高校生が大学生、社会人となってからも継続して活動に参加してくれている。
〈京北さとまち交流カフェ「恋咲楽」〉
空き家を活用した地域の人と街の人の交流スペース。活動場所の提供など様々な支援をしていただいている。
〈北桑田高等学校〉
京北地域にある高校。高校生が当団体に関わってくれている。
〈弓削自治会〉
京北地域の弓削地区の自治会。

●活動場所

右京区

●活動目的・背景

京北地域では少子高齢化や若者の流出が課題となっている。地域住民の交流場所や京北の魅力を知るきっかけとなるために、地元出身の学生をはじめとする京北出身の若者が中心となり、さと(京北) の人も、まち(街中) の人も、若者からお年寄りの方まで楽しめる交流の場を創出し、地域を活気づけることが目的である。

●取組概要

今年で3 年目となる夏祭りのさとまちフェスティバルでは、北桑田高校の生徒に運営に関わっていただき、竹の流しそうめんや地元野菜を使ったクレープ、灯籠作りワークショップ、花火大会などを行った。12 月には、活動するにあたってお世話になった地域の方々を招待し、一緒にお菓子を作って食べるなどの交流を楽しむクリスマス会を開催した。

●成果・今後の課題

〈学生にとって〉
夏祭りやクリスマス会を通して、京北地域に関わる様々な人に、京北ならではの取組の楽しさや地域の魅力をもっと知ってもらいたいと感じた。また、京北の地元住民の方々に喜んでもらえているとの声を聞き、自分たちの活動が地域の魅力を内外に伝える一助となっているという実感を得ることができた。
〈地域にとって〉
学生などの若者がイベントを開催したり、継続して活動を行うことで、地域住民と交流でき、地域での取組を活気づけることにつながった。また、高校生に活動に関わってもらうことで、京北地域の魅力を知ってもらうきっかけとなった。
〈学生・地域の声〉
・夏祭りは、毎年継続してくれている事が楽しみになっている。準備などで地域に色んな人が来ていることも、にぎやかで嬉しい。
・若い人が地域で活動してくれていることで活気づき、嬉しく思う。

クリックで写真が入れ替わります

本取組に関するお問い合わせ先

(公財)大学コンソーシアム京都
調査・広報事業部

TEL:075-353-9130