大学・地域連携ポータルサイト GAKUMACHI STATION(がくまちステーション)

活動事例

Search
まちづくり事例集
2018年度

事業名地域デビュープログラム「町家deうどん」

大学名
龍谷大学
テーマ
その他
実施団体
龍⾕⼤学学生

●活動場所

龍谷大学深草町家キャンパス

●活動目的・背景

「地域に根ざした大学づくり」をめざし、大学全体の地域連携活動を推し進め、学生を啓発する取り組みのひとつとして、学生がうどんづくりを通じて、地域住民と交流し、地域連携活動への関心を高めることを目的に開催している。

●取組概要

学生がNPO法人深草・龍谷町家コミュニティに所属する学生団体と協力して、事前にうどんづくりや当日の運営について打合せを行い、当日は地域の高齢者や親子に対してうどんづくりを指導し、主体的に運営します。
学生は本学農学部の教員からうどんづくりのレクチャーを受け、かまどでうどんをゆがくなど、本格的なうどんづくり体験としても好評です。

●成果・今後の課題

2016年度から開始した本事業は、徐々に学内外で認知され、毎回多くの参加者が集まる。地域の親子や高齢者はもちろん、龍学生や高校生、また他大学生も参加して、多世代・多文化交流が実現している。

クリックで写真が入れ替わります

本取組に関するお問い合わせ先

REC事務部

TEL:075-645-2098
E-Mail:rec-k@ad.ryukoku.ac.jp

関連Webサイト(外部サイトにアクセスします)

http://withdragon.rec.seta.ryukoku.ac.jp/case/detail/580/