大学・地域連携ポータルサイト GAKUMACHI STATION(がくまちステーション)

京都光華女子大学・京都光華女子短期大学部

Kyoto Koka Women's University

京で学び・京で働き・京に暮らす~地域連携型プログラムの展開~

【2020年度の取組実績】

学内の地域連携型教育を促進するために、京都中心部に地域連携拠点となる「富小路まちやキャンパス」を開所し、地域住民を対象とした落語会、産官学連携科目の発表、リモート配信による卒業生交流を実施して、まちやキャンパスの活用モデルを示しました。 また、「地域連携型教育」の京都市内の企業との産学連携授業では、延べ171人の学生が京都文化を体験しました。

  • まちやサテライトキャンパス(地域連携拠点)の活用
    「京都を題材とした落語会」の地域への公開、産官学連携科目での活用、京町家をテーマにした卒業研究の調査対象としての活用など
  • アクティブラーニングを織り込んだ「地域連携型教育の拡大」
    地域連携科目として5科目を開講。
    プレゼンテーション演習:「新入生研修」の研修先を提案。
    京の伝統文化を創る:「落語」、「狂言」、「百人一首」や「町めぐり」を通じて、新しい京都の伝統文化について考察。
    くらしに生きるものづくり:京都市内で活躍する職人、工房、企業の協力を得て、体験もまじえて学習。
    学生が創る地域:ペットの殺処分を無くすための活動について学び、学生目線でのアイデアを提案。
    商品企画論:京あられ・京おかきを製造販売する「株式会社鳴海屋」と連携し、新しい商品コンセプトを提案。
  • 卒業生・地域の女性を巻き込むリカレント教育
    実践型インターンシップの新設に向けて、リカレントプログラム受講者に対しての詳細なキャリアカウンセリングを実施し、社会人のインターンシップ需要の掘り起こしをするなど、プログラム企画への足掛かりとしました。また、伝統産業に関わる卒業生や起業家の調査協力体制の構築につなげるため、同窓会組織に働きかけました。

地域連携型教育の拡大/くらしに生きるものづくり・学習の様子

まちやサテライトキャンパス/社会人文化交流の様子

まちやサテライトキャンパスの活用/開所記念落語公演会の様子

関連リンク

京都光華女子大学 地域連携推進センター(CRC)