大学・地域連携ポータルサイト GAKUMACHI STATION(がくまちステーション)

活動事例

Search
学まちコラボ
2018年度

事業名洛西竹の里団地におけるサークル的自治活動

大学名
京都女子大学
テーマ
保健・福祉・健康
安心・安全
実施団体
京都女子大学 井上えり子研究室 竹の里班

●実施団体の紹介

〈京都女子大学 井上えり子研究室 竹の里班〉
本事業は、学生が実際に地域に入り、地域コミュニティの発展を目指して活動している。洛西ニュータウンのUR 洛西竹の里団地をメインに、コミュニティカフェやイベントの開催、お便りの発行等を行っている。
〈竹の里団地の居住者のみなさん〉
UR 洛西竹の里団地にて夏祭り・フェスタ等のイベントを開催するにあたり、地域に賑わいを取り戻したい、貢献したい、という想いを持った居住者の方々が、準備・運営に協力してくださっている。

●活動場所

西京区

●活動目的・背景

居住者同士の関係性が希薄になりがちな集合住宅において、高齢化と空室の増加は、さらにコミュニティでの活動を困難にしている。そこで、様々なコミュニティ団体と連携することで、自治会に代わる新しいコミュニティの形を模索している。

●取組概要

主な活動内容は「イベント実施・情報発信・意見収集」である。イベントでは、居住者同士が気軽に交流できる場所づくりを目指し、コミュニティカフェを月に1 回、夏祭りやフリーマーケットなどの大型イベントを年に数回開催する。このようなイベント情報や、その他お役立ち情報(防災知識やレシピ)を記載したお便り「たけのこレター」を毎月発行し、居住者や周辺住民へ情報発信を行った。これらの活動の方針は、居住者にアンケート調査を行い、決定した。

●成果・今後の課題

〈学生にとって〉
この1 年間、居住者と真摯に向き合い、問題解決にがむしゃらに取り組んだ。はじめは受け入れてもらえるか不安であったが、地域の方々の笑顔を見たとき、私たちの活動に意味はあったと実感し、チャレンジする大切さを学んだ。
〈地域にとって〉
UR 洛西竹の里団地において、私たちが開催するイベントに新しく参加する人の増加や、イベントが定着しつつある様子が見られ、少しずつながら地域での活動やコミュニティ形成への関心の高まりが感じられる。
〈学生・地域の声〉
・体調や体力の関係で活動に参加することはできないけど、たけのこレターをいつも楽しみにしています。
・子どもが集会所の前を通るたびに『今日はたけのこカフェやってないの?』って聞いてくるんですよ

クリックで写真が入れ替わります

本取組に関するお問い合わせ先

京都女子大学
竹の里団地プロジェクトチームFacebook

関連Webサイト(外部サイトにアクセスします)

https://www.facebook.com/takenosato.kwu/