大学・地域連携ポータルサイト GAKUMACHI STATION(がくまちステーション)

活動事例

Search
まちづくり事例集
2018年度

事業名帰国渡日児童生徒つながる会~帰国渡日児童生徒のために何ができるか~

大学名
京都教育大学
テーマ
教育
実施団体
帰国渡日児童生徒つながる会

●活動場所

京都府

●活動目的・背景

「外国につながる子ども」は、京都府内では各地に点在していて、悩みを共有できる友達が周囲にいないことも多い。そこで、彼/彼女らが仲間との交流を通じて外国にルーツを持つという自分の個性に誇りが持てるよう、交流活動等を行っている。

●取組概要

国際結婚家庭や在日外国人の子ども、海外帰国児童生徒等の「外国につながる子ども」を対象として、年に3回、小中学生の長期休暇に合わせて日を設定し、大学や地域の活動施設などで、学習会やレクリエーションなどを行う活動をしている。また、イベントやラジオ番組への出演を通じて、社会への発信も行っている。

●成果・今後の課題

学校教員を目指すメンバーとして、外国につながる子どもの存在について知ることや、このような子どもならではの課題を知り、指導や支援の方法を考えることは、将来に活かすことのできる貴重な経験である。また、社会への発信を通じて、子ども達を受け入れる社会の側が変わっていくことも必要だと感じている。

クリックで写真が入れ替わります

本取組に関するお問い合わせ先

事務局(国文学科教授・浜田麻里)

TEL:075-644-8237
E-Mail:tsunagarukaikyokyo@gmail.com