大学・地域連携ポータルサイト GAKUMACHI STATION(がくまちステーション)

活動事例

Search
まちづくり事例集
2018年度

事業名MJ 学習会:
京都市伏⾒区の向島ニュータウンでの⼩学⽣を対象とした学習⽀援

大学名
京都文教大学
テーマ
教育
実施団体
文教ストリ-ト

●活動場所

京都⽂教マイタウン向島(京都市伏⾒区向島ニュータウンセンター商店街内)

●活動目的・背景

近年、向島ニュータウンでは共働き世帯やひとり親世帯が急増しています。児童⽣徒が学校から帰宅しても、保護者が不在のため、ひとりで過ごすケースや路上で⼦どもたちが⼣⽅・夜までいる姿がありました。このような現状に対し、⼦どもたちの健やかな成⻑のため、放課後の居場所づくりが地域から求められています。

●取組概要

2014 年4 ⽉から実施。⺠⽣児童委員と協⼒し、週に1 回、放課後の時間に居場所づくり事業に取組んでいます。主に、⼤学⽣が⼦どもたちへ学習⽀援を⾏い、宿題等を⼦どもたち⾃ら取組めるようサポートをしています。その後、⼦どもたちとあそびの時間を設け、交流を図っています。

●成果・今後の課題

当初は数人の参加者であったが、現在は約30 名以上の⼦どもたちが参加し、ニーズが高いことがうかがわれる。継続して参加する⼦どもが多く、家庭や小学校とは違う、サードプレイスがあることは⼦どもたちにとっても安心感があるように⾒受けられます。居場所事業は地域からは求められており、本取組を継続できる⽀援が必要であると考えます。

クリックで写真が入れ替わります

本取組に関するお問い合わせ先

京都文教大学社会連携部フィールドリサーチオフィス

TEL:0774-25-2630
E-Mail:fro@po.kbu.ac.jp