大学・地域連携ポータルサイト GAKUMACHI STATION(がくまちステーション)

活動事例

Search
まちづくり事例集
2018年度

事業名地域に根ざし、地域に学び、地域の課題解決を目指す学生たちの
自主的な取組

大学名
京都文教大学
テーマ
その他
実施団体
京都文教大学 地域連携学生プロジェクト

●活動場所

京都府宇治市

●活動目的・背景

⽂部科学省2007 年度、特⾊ある⼤学教育⽀援プログラム(特⾊GP)に採択された取組では、多くの学生が参加し、継続的に取組んできた教育プログラムとしての地域貢献活動が非常に高く評価されました。その取組を継続・発展させ、地域に根ざし、地域に学び、地域への貢献と⼤学での学びを両⽴させる場として、学部、学科を越え、学生たちが自主的な取組を進めています。

●取組概要

2017 年度は、宇治市を拠点とした3 プロジェクト(継続3 件)が採択され、商店街の活性化や宇治茶の魅⼒発信、新しいコンテンツによる宇治の観光振興などのテーマで、⾏政や商店街、NPO などと連携した取組を⾏っています。

●成果・今後の課題

継続した取組を⾏うプロジェクトでは、開催するイベントも地域に定着してきており、⼦どもを中⼼に⼈気があることから、⾏政や関係先から継続的な開催を希望する声も毎年あがります。また、プロジェクト活動を通して学生たちは、企画⼒や実⾏⼒にも自信が付き、その後の就職活動などにも活かせるケースも多くあります。

クリックで写真が入れ替わります

本取組に関するお問い合わせ先

京都文教大学社会連携部
フィールドリサーチオフィス

TEL:0774-25-2630
E-Mail:fro@po.kbu.ac.jp

関連Webサイト(外部サイトにアクセスします)

http://www.kbu.ac.jp/kbu/campuslife/project.html