大学・地域連携ポータルサイト GAKUMACHI STATION(がくまちステーション)

活動事例

Search
まちづくり事例集
2018年度

事業名団地の活性化を目指した取組

大学名
京都橘大学
テーマ
保健・福祉・健康
実施団体
京都橘大学 地域連携センター

●活動場所

醍醐中⼭団地(京都市伏⾒区)

●活動目的・背景

地域関係の希薄化や団地の空き住居が問題となっている中で、学⽣と留学⽣がルームシェア形式で居住することにより、住⺠として団地の活動に参加するとともに、大学が団地内に地域と連携する拠点となる「地域連携センター」の分室を設置・運営し、高齢者や子育て世帯の⽀援等を⾏うことで、団地が活性化することを目的として活動しています。

●取組概要

筋トレ・脳トレイベント、地域住⺠に対する健康相談、シェアルーム居住の留学⽣が中⼼となり出⾝国や出⾝地域の紹介をする交流会、団地居住の高齢者を対象に学⽣によるクイズや寸劇およびお点前等を提供する敬⽼の⽇のお楽しみ会等のイベントを開催するほか、団地子ども会や防災イベントへの参加等を⾏っています。

●成果・今後の課題

学⽣主体の企画を団地⾃治会の協⼒により⾏うことにより、学⽣の表現能⼒やリーダーシップ⼒、社会⼈としての責任感などが向上しています。また、団地内で今までと違うイベントが増えたことにより今まで活動に参加しなかった住⺠も参加する機会が出てくるなど、地域の活性化の効果が出つつあります。

クリックで写真が入れ替わります

本取組に関するお問い合わせ先

学術振興課

TEL:075-574-4186
E-Mail:occ@tachibana-u.ac.jp

関連Webサイト(外部サイトにアクセスします)

https://www.facebook.com/1551267731820499/