大学・地域連携ポータルサイト GAKUMACHI STATION(がくまちステーション)

活動事例

Search
まちづくり事例集
2018年度

事業名まか通 -近代産業遺産アート再生プロジェクト-

大学名
京都造形芸術大学
テーマ
その他
実施団体
まか通 -近代産業遺産アート再生プロジェクト-
(京都造形芸術大学 多学科・多学年による公募型プロジェクト)

●活動場所

京都市東⼭区六原地域を中⼼とした東⼭区エリア

●活動目的・背景

東⼭区六原学区を中⼼にまちに残された独⾃の⽂化・伝承・伝説を、アートの⼒でより多くの⼈々に知ってもらおうと 2004年から活動しています。昔から住んでいた方や、新しく越してきた方々が、このまちの⽂化や歴史資源に誇りを持てるように、また忘れ去られることのないように⾃分たちのまちを愛せるようなきっかけ(ことおこし)を目的として活動しています。

●取組概要

陶器⼈形、地獄絵絵解きなどの歴史資源を発⾒し、アートの⼒で再生してきました。またイベントやフィールドワーク調査などを通して、新たな観光資源の開発と、地域復興を目指し、まち独⾃の資源を使った新たな産業を生み出しまちに還元していくことを今年度からの目的としています。毎年の活動報告として冊⼦『あなたのまちの愛し方』などを作成・発信しています。

●成果・今後の課題

まちにある歴史資源・⽂化の重要性や面白さに触れられるコンテンツを提供してきました。例えば陶器⼈形を⼦どもたちとつくるワークショップでは、楽しめたという声を多く聞け、祖⺟・⺟親の世代から、若い世代にまちの⽂化を知ってもらい、浸透させる⼀歩になりました。住⺠ではない⽴場だからこそ持てる発想や着眼点もあり、そのことが新たな産業の可能性を秘めていると実感できました。

クリックで写真が入れ替わります

本取組に関するお問い合わせ先

教学事務室プロジェクトセンター

TEL:075-791-8763
E-Mail:liaison@office.kyoto-art.ac.jp