大学・地域連携ポータルサイト GAKUMACHI STATION(がくまちステーション)

活動事例

Search
まちづくり事例集
2018年度

事業名いわくら病院秋祭り・似顔絵ワークショップ

大学名
京都精華大学
テーマ
保健・福祉・健康
実施団体
アートワークショップを実施する有志の学生団体「しーかす」(学部・学科を横断して全学部から参加)

●活動場所

いわくら病院

●活動目的・背景

アートの力(愉しさ)で、闘病中の方や、普段芸術に関心のない市民の方々にも、似顔絵を通じて健康づくりや生きがいづくりのきっかけとなれるように取組んだ。

●取組概要

精神心療科を主体とする病院で、年1回開催される市民開放の秋祭りに、在学生が入院生活中の方やご家族、地域の高齢者、子ども達、病院関係者に似顔絵ワークショップを実施した。【2016年度から継続】

●成果・今後の課題

似顔絵の対象者からの喜びだけでなく、描き手の学生達のデッザン力の向上や、なにより大学の中での修学では接することのできない地域の方々との交流を通して、美術を楽しむ原点を市民から教えていただいた。

クリックで写真が入れ替わります

本取組に関するお問い合わせ先

研究推進グループ/社会連携センター

TEL:075-702-5263
E-Mail:crelab@kyoto-seika.ac.jp

関連Webサイト(外部サイトにアクセスします)

http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/design/