大学・地域連携ポータルサイト GAKUMACHI STATION(がくまちステーション)

活動事例

Search
まちづくり事例集
2018年度

事業名地域防災を考える学生サークル活動

大学名
佛教大学
テーマ
安心・安全
実施団体
学生消防・防災サークル「佛教大学 FAST」
※Fire and Safety Team の略

●活動場所

京都府京都市北区・中京区を中⼼に活動

●活動目的・背景

地域防災の担い⼿である消防団の若⼿団員が不⾜する中、将来の地域防災人材を育成することを目的に、京都府消防安全課の協⼒のもと結成された、学⽣による消防防災サークルです。「京都市北消防団・楽只分団」との防火・防災パトロールや災害ボランティアセンター運営訓練への参加などの活動を⾏っています。

●取組概要

キャンパス周辺の地域防災のため、地元の楽只消防分団と一緒に、京都市無火災推進日の毎月2回、防火パトロールとして地域内を巡回して「火の用⼼」を呼びかけています。また、毎月1回のサークルミーティングを⾏い活動計画について学⽣や⼤学関係者だけでなく、⾏政職員や地域⾃治会の⽅とも意⾒交換しながら議論しています。

●成果・今後の課題

学⽣が地域防災の重要性や社会貢献に興味関⼼を持つきっかけとなったこと。⼤学周辺地域をベースにした、地域の⽅々との地道な活動によって得た経験を通じ、将来の地域防災人材となることが期待されます。現在では、京都市の学⽣消防団員として本学学⽣16名が活動しており、今後の継続的な活動と更なる活躍が期待されます。

クリックで写真が入れ替わります

本取組に関するお問い合わせ先

研究推進部 社会連携課

TEL:075-491-2141(代表)
E-Mail:liaison@bukkyo-u.ac.jp

関連Webサイト(外部サイトにアクセスします)

http://www.bukkyo-u.ac.jp/news/index/institution/