大学・地域連携ポータルサイト GAKUMACHI STATION(がくまちステーション)

活動事例

Search
まちづくり事例集
2018年度

事業名空き家プロジェクト(空き家⾒守りボランティア)

大学名
京都女子大学
テーマ
環境・エネルギー、景観、美化活動
実施団体
生活造形学科井上ゼミ

●活動場所

京都市東山区

●活動目的・背景

東山区の高齢化に伴い、すぐには処分できない「空き家」となる家屋が増加傾向にある。「空き家」は、⽼朽化が早く進むことから、放置しておくと町の安全・防犯上の問題が生じる。以上の背景をもとに、空き家の維持管理が難しい所有者にかわり、簡単な点検を⾏う空き家⾒守り隊の活動を⾃治体と協議しながら実施している。

●取組概要

所有する空き家の点検が困難な空き家所有者に代わって、学生たちが定期的に建物の簡単な点検(⾬漏りによるシミの有無・⽔を流しての錆の付着を調べる等)や通風(全室の窓や押し入れを開け、通風・喚気を⾏う)を実施する。

●成果・今後の課題

仕組みができるまで、地域をはじめ⾏政や専門家等⼤勢の関係者が関わっており、そのため無料で提供できるサービスとなっている。これまで、2015年3件、2016年3件の実績があり、好評をいただいている。

クリックで写真が入れ替わります

本取組に関するお問い合わせ先

連携推進課

TEL:075-531-7080
E-Mail:r-suishin@kyoto-wu.ac.jp

関連Webサイト(外部サイトにアクセスします)

http://www.kyoto-wu.ac.jp/shakai/seikatsu/index.html