大学・地域連携ポータルサイト GAKUMACHI STATION(がくまちステーション)

活動事例

Search
まちづくり事例集
2018年度

事業名「健康長寿のまち・北区」の推進に係る事業
(インターバル速歩・次世代ヘルスケア)

大学名
京都産業大学
テーマ
保健・福祉・健康
実施団体
京都産業大学現代社会学部健康スポーツ社会学科 濱野強教授、吉岡美子教授

●活動場所

京都市北区、京都産業大学

●活動目的・背景

京都市北区役所が取り組む「健康長寿のまち・北区」の事業を推進するために、平成30年3月に覚書を締結した。本学現代社会学部健康スポーツ社会学科の教員が北区民の健康増進に係るため、生活習慣病予防としてのインターバル速歩事業、健康な若年層を作るための次世代ヘルスケア事業を行っている。

●取組概要

北区民の健康寿命を延伸するため、北区と協働して以下の活動を行っている。
(1)インターバル速歩マスターの養成(1年につき40人)と、北区におけるインターバル速歩の推進
(2)北区管内の中学1年生に対する食育事業(教員による講演と学生による食育ワークショップ)

●成果・今後の課題

本取組は健康増進への効果を計測する研究活動であり、健康スポーツ社会学科の学生が大学での学びをアウトプットして地域と交流する教育活動であり、地域への社会貢献の活動となるユニークな事業である。2018年度末にインターバル速歩マスターの一期生が誕生する予定であり、今後の展開が期待される。

クリックで写真が入れ替わります

本取組に関するお問い合わせ先