大学・地域連携ポータルサイト GAKUMACHI STATION(がくまちステーション)

活動事例

Search
まちづくり事例集
2018年度

事業名すいぞくかんとはくぶつかん「描いて撮って! お絵描きワークショップ」

大学名
京都情報大学院大学
テーマ
産業・観光
実施団体
体育会系クラブ

●活動場所

京都市

●活動目的・背景

本学の技術を駆使して子どもたちに夏休みの思い出を作ってもらうとともに、ITの楽しさを感じてもらうことを目的としています。

●取組概要

京都市水族館を訪れた子どもたちが描いた魚の絵を、学生が制作したオリジナルフレームに載せて壁⾯に投影し、記念撮影を⾏いました。また、事前募集した全国の子どもたちの絵で、京都国⽴博物館に展示している文化財をモザイク化した大型アート作品を制作しました。

●成果・今後の課題

学生が日ごろの成果を発表する場となるとともに、相手が子どもということから、わかりやすく説明したり、楽しんでもらう工夫についても学びました。外国⼈観光客も訪れていたことから、今後同様のイベントを⾏う際には留学生にももっと参加してもらい、すべての⽅に楽しんでいただける機会としたいと思います。

クリックで写真が入れ替わります

本取組に関するお問い合わせ先

関連Webサイト(外部サイトにアクセスします)

http://www.kcg.edu/school_info/news2017/2017-07-10.html