大学・地域連携ポータルサイト GAKUMACHI STATION(がくまちステーション)

活動事例

Search
まちづくり事例集
2018年度

事業名グラフィックデザインの⼒で和束町の魅⼒をアピール

大学名
京都工芸繊維大学
テーマ
産業・観光
実施団体
デザイン・建築学系 中野仁人教授研究室・阪田弘一教授研究室

●活動場所

京都府和束町

●活動目的・背景

和束町の茶畑の風景は、⼭城地域を代表する⽣業景観です。和束町では、景観計画・景観条例の策定を⾒据えた中⻑期的な計画、構想を目指しており、「茶源郷 和束」をコンセプトに景観や文化財を活用したまちづくりを支援しています。

●取組概要

中野研究室では、デザインによるビジュアルな魅⼒発信に協⼒しています。地元の⼥性達が企画した地元産品のパッケージデザインや「和束茶・歴史・景観」をキーワードにして茶業を紹介した観光推進パンフレットを作成しました。阪田研究室では、住⺠意識の合意形成のため、アンケート調査やワークショップを⾏っています。

●成果・今後の課題

パンフレットの作成では、写真を⼤きく使って和束町の魅⼒をアピールしました。和束町の観光施設や京都市内の総合観光案内所等で配布され、好評を得ています。景観計画制定の支援では、⽣業景観である茶畑を維持するため、今後を支える⼦どもたちの意⾒も反映できるように様々なワークショップを重ねていきます。

クリックで写真が入れ替わります

本取組に関するお問い合わせ先

産学・地域連携課

TEL:075-724-7107
E-Mail:chiiki@jim.kit.ac.jp

関連Webサイト(外部サイトにアクセスします)

http://www.coc.jp/report/1311/ http://www.coc.jp/report/829/ http://www.coc.jp/report/768/