大学・地域連携ポータルサイト GAKUMACHI STATION(がくまちステーション)

京都橘大学

Kyoto Tachibana University

山科・醍醐地域で「育ちあう、響きあう」
地域連携教育プログラム

 山科・醍醐地域で、これまで築いてきた地域連携の実績を元に、3つの基幹課題を設け、それらに対応する7つの教育プログラムを展開することにより、学生が地域と「響きあい」、地域で鍛えられ、地域に貢献できる人材として成長することを目指すものです。プログラムの内容は、文社会系分野から、看護・医療・健康・福祉分野まで、多岐にわたります。
 長年取り組んできた山科区での地域文化の発掘や、地域経済振興・まちづくりの事業、伏見区醍醐中山団地における京都市・団地自治会との連携事業に加え、本事業を契機として、山科駅近辺に京都橘大学サテライト・ラボラトリー「たちラボ山科」を設け、学生の活動拠点を確保し、地域と学生が共に「育ちあう」仕組みを作りました。また高齢者や子育て支援など、現代社会の重要課題に対しては、看護・医療、健康・福祉分野で新規プログラムを立ち上げ、全学が一体となって地域課題の解決に取り組んでいます。

事業概要(2018年7月現在)

関連リンク

京都橘大学ウェブサイト-産学公地域連携推進機構のページ